Sunday, January 22, 2012

型押し

型押しの靴は、皆様はどのような磨かれているでしょうか。

その独特な表情を生かすため、ソフトに光らせる方。
シボを埋めて、ハイシャインされる方。

色々と意見が分かれる部分でありますので、
面白いです。


maestroでは、型押しそのものの表情を残しつつ、
シボを生かす光らせ方を目指しています。

こちらは以前、紹介したスピーゴラのプレタです。





磨き後はこのようになります。





強く光らせるつま先部分は、少しシボが埋まっていますが、
サイドの部分を見ていただければ解るように、
質感を残したまま、ハイシャインを行っています。

このように仕上げるのは難しく、
最適なクリームの量、微妙な力加減が必要になります。

型押しのカーフには、独特の魅力と雰囲気がありますので、
その魅力をより強く、引き出せればと思っております。



maestro
www.maestro-jp.com