Sunday, March 4, 2012

アフターケア

maestroで磨いた靴のお手入れ方法は簡単で、
履かれた後に、水で濡らし固くしぼった綿100%の布で軽く拭いてください。
表面をさらっと拭いて頂ければ、けっこうです。
布は古くなった肌着、Tシャツで構いません。
新品より使いふるしの方が、向いています。

水分を含んだ布で磨く事で、水分の補給と、汚れ落としの効果があります。
一点注意して頂きたいのは、ブラッシングをかける事です。
汚れ落としの方法として、ブラシをかける事は一般的ではありますが、
maestroで磨かれた靴をブラッシングしてしまうと、輝きがガグっと落ちてしまいます。

maestroでは、革の表面に極々薄い膜を張り、
独特の張り付いたような光り方をします。
ブラッシングをしてしまうと、この薄い膜の表面が傷つけられ、
光が乱反射し、輝きを失ってしまうためです。

極力ブラシでの汚れ落としは避け、
固く絞った布で、ケアして頂ければと思います。
(例1)
多少の傷でも、目立たなくなります。




(例2)
アッパーだけでなく、コバ、ヒール部分も、拭くと良いです。




 
maestro