Sunday, March 11, 2012

革小物・ベルト

革小物・ベルト


maestroのケアの基本的な考えとして、
大切な革製品を長く、より魅力的に使って頂きたいと思っております。
そのため、栄養価の高いオリジナルクリームで磨いております。

靴の場合は、加えて、光りを追求していきますが、
革小物は別です。

普段から手や、洋服に触れるために、光は落ちやすいですし、
色が移るリスクを避けたいため、極力クリームを少なく、
かつ、栄養を入れる事に注力しております。

ある意味、潤いを与え、革を長持ちさせるという点が強調される事から、、
革小物の方が、maestroの磨きの性格を色濃く反映しているとも言えます。

ベルトを磨いた後はこのようになります。




こちらはスコットランド、McROSTIE of Glasgowのブライドルレザーベルトです。
発色が綺麗で、革にも厚みがあり、磨きがいのある革です。

極々薄い茶色ですので、ニュートラルのクリームを革に押し込み、
表面には、ほとんどクリームを残さないように仕上げました。
裏側も少し磨き、両面から栄養を補給しています。

磨く事により、手触りもより滑らかになり、
手の感触を通じて、潤いを感じ取れます。

ただ、普段からベルトループと触れるため、
表面の光沢感は落ちやすいですが、
潤った感触は長続きします。

ベルト、革小物もきちんと潤いと栄養を与えると、
その革の独特な表情を見せてくれます。

是非、一度ご経験してみてください。
そして潤った革の感触、本来の革の持つ美しさを感じて頂けたらと思います。


皆様のご依頼お待ち申し上げております。

maestro
www.maestro-jp.com