Tuesday, April 3, 2012

SPIGOLA 採寸

昨年末、SPIGOLAの工房にて1足注文して参りました。
その時の採寸の様子です。


足の各部のデータを素早くオーダーシートに書き込んでいきます。
非常にスピーディーな印象でした。






採寸後、デザイン等々について固めていきます。
今回は、こちらで事前に細かいイメージは考えず、
工房での話し合いの中で決める事を考えていたので、
かなりの時間を割いて頂きました。

SPIGOLAに作って頂くと決めた時に、
できる限り、私の感性が入り込む部分を最小限にして、
お任せしたいと思っておりました。

ビスポークの注文の仕方は、色々とあると思いますが、
大きく分けると2つ。
工房に任せるか、自分のイメージを形にするか。

工房にもよりますが、私自身は前者のオーダーの形式を取る事が多いです。
最低限の情報だけを伝えて、職人の感性に委ね、一番良いと思う靴を作って頂く。

そういった一種のグレーゾーンのような、遊びの部分を残しておきたいのです。
人と人の話し合いによって作られる(ビスポーク)靴の、一番の醍醐味なのではと思います。

仮縫いで、どういった形で挙がってくるのか非常に楽しみです。







仮縫いが済みましたら、
こちらでご紹介させて頂きます。


SPIGOLA
http://www.spigola.jp/


maestro
www.maestro-jp.com