Monday, May 21, 2012

鞄ケア

革鞄は使用すると供に、角や縁が、
汚れや擦れにより、色が抜けてしまう事が多いです。

下記程度の色抜けであれば、
染色する必要は無く、クリームのみで補色、保湿が可能です。
衣服等に色移りしないよう、独自の磨き方で仕上げさせて頂きます。


(ケア前)
擦れた部分の色が抜け、白くなっております。



(ケア後)
補色と保湿を行いました。
また、汚れにより、革のシボ感が損なわれていましたが、
磨く事で、自然な革の表情を引き出しています。



maestro